2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

国際問題

2014年8月26日 (火)

韓国で朴大統領に疑惑発生!

Img_1616
今年も『時計草』が見つかりました。
 この花を見ると、自然の造形はすばらしいと思います。
なかなか見つからないので、探すのに苦労しますが、今年も、別の場所で発見しました。
 造形の「妙」ですね。
名前も良い名前です。

2014年7月 5日 (土)

集団的自衛権行使容認で街の声

201407052014.7.1
 「今までが異常」「国民を危険にさらす」集団的自衛権行使容認で街の声
集団的自衛権の行使を容認した1日の閣議決定。「やっと自立国家になれる」「不測の事態にも対応できる」。恣意的な運用への懸念の声もあるが、多国籍軍の支援など国際的な平和協力の前進にもつながるとされ、大きな期待を寄せる国民は少なくない。
 千葉県の会社経営、菊池喜夫さん(69)は、これまでの米国依存の安全保障体制からの脱却の契機になると歓迎する。「世界的に見ても真の自立国家は経済力と軍事力を持つ。これで自分の国は自分で守る正当な路線を日本は歩んでいける」と話す。
「『自分たちだけ助けて』とする今までが異常だった。自らの国を守ったり同盟国を助けるのは当然の姿勢だ」。東京都江東区の男性会社員(58)は冷静に見つめ「平和文化が崩れるという意見もあるが、過剰な反応。平和文化は教育などを通じて継承していけるはずだ」と言い切る。
 日本を取り巻く環境の変化から期待を寄せる声も根強い。中国は尖閣諸島(沖縄県石垣市)など東シナ海への干渉の度合いを強め、韓国も6月に竹島沖の日本領海を含む海域で射撃訓練を実施するなど、日本周辺は緊張が高まっている。
 東京都新宿区の女性会社員(25)は「将来の運用方法などに対する漠然とした不安はあるが、現状を打開しようとする決断」。横浜市の会社員、細谷昌司さん(57)も「近隣諸国との関係は悪く改善も期待できない。集団的自衛権の行使容認は現実的な選択だ」と話した。
 一方、閣議決定に反対する約2千人(主催者発表)が東京・永田町の首相官邸前に集まり「国民の声を聴け」などと繰り返した。川崎市の大学生、石原里奈さん(19)は「戦争がしやすくなってしまう。国民の生活を守るより危険にさらすことが多くなり、後世に禍根を残すことになるのでは」と懸念を示した。

2014年7月 1日 (火)

日本人拉致被害者の再調査

20140701【北京=山本雄史】日本人拉致被害者の再調査を行う「特別調査委員会」の設置を約束した日朝合意から約1カ月ぶりの局長級協議は、冒頭から日朝双方の姿勢がくっきりと浮き彫りになった。
産経新聞に依ると、
 【北京=山本雄史】日本人拉致被害者の再調査を行う「特別調査委員会」の設置を約束した日朝合意から約1カ月ぶりの局長級協議は、冒頭から日朝双方の姿勢がくっきりと浮き彫りになった。
 北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)朝日国交正常化交渉担当大使は着席するなり外務省の伊原純一アジア大洋州局長に笑みを浮かべて「お元気でしたか。お忙しそうですね」と親しげに話しかけた。特別調査委の資料さえ示せば、今度は日本側が独自制裁の一部解除に動き出す番との期待がにじみ出ているかのような笑みだった。
 対照的に、日本側の伊原氏は硬い表情のままで「本当に重要なのはこれからだ。日朝合意を着実に履行して実効性のあるものにしていく必要がある」とクギを刺した。北朝鮮が行った弾道ミサイル発射に関しても「国連安全保障理事会の決議、日朝平壌宣言の趣旨と相いれない。二度と繰り返さないように強く求める」と抗議した。報道陣の前で抗議したのは、日本が拉致問題の解決を優先し、核やミサイル問題を後回しにするのではないかという国際社会の懸念を払拭する狙いがあった。
 日本側の抗議に対し、宋氏は過剰な反応は示さず、すぐに北朝鮮が拉致被害者らを含む全ての日本人の再調査実施のために設置する「特別調査委員会」の話題に切り替えた。
 北朝鮮の最大の関心は、再調査と引き換えの制裁解除だ。午後の会談の冒頭、宋氏がわざわざ、制裁解除に向けた日本側の準備状況について説明を求めたのもそのためだ。
 中でも、北朝鮮が注目しているのが人的往来規制の解除だ。日本との行き来が自由になれば、北朝鮮の指導部が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の幹部らに直接「指示」ができるようになる。さらに、日本人の渡航自粛もなくなり、北朝鮮への渡航者増加が見込め、外貨獲得の機会を増やす突破口にもなるのだ。

めぐみさん「拉致再調査」

20140701めぐみさん「拉致再調査」
 横田めぐみさん父「生き返る人いるかもしれない」
 北朝鮮による拉致被害者らの再調査をめぐって日朝政府間協議が開かれるのを前に、拉致被害者、横田めぐみさん=拉致当時(13)=の父、滋さん(81)が28日、愛知県犬山市で講演した。めぐみさんら被害者8人について、北朝鮮は平成14年9月の日朝首脳会談で「死亡した」と説明しているが、滋さんは「(北朝鮮側が)『うそを言っていた』と、生き返る人もいるかもしれない」と再調査によるめぐみさんらの帰国に期待を寄せた。

 今回の再調査に北朝鮮側が応じた背景に関し、滋さんは「国民が『けしからん』と言って(北朝鮮に)制裁をしたことの効果がある」と指摘。
「(解決まで)もう少しだと思うので、ご支援をお願いします」と協力を呼びかけた。
 日朝協議は7月1日に中国・北京で開かれる。北朝鮮側が再調査を行う特別調査委員会の組織について説明し、日本政府は独自制裁の一部解除を検討する。

2014年6月29日 (日)

拉致被害者らの再調査

201406292014.6.29
 北朝鮮による拉致被害者らの再調査をめぐって日朝政府間協議が開かれるのを前に、拉致被害者、横田めぐみさん=拉致当時(13)=の父、滋さん(81)が28日、愛知県犬山市で講演した。めぐみさんら被害者8人について、北朝鮮は平成14年9月の日朝首脳会談で「死亡した」と説明しているが、滋さんは「(北朝鮮側が)『うそを言っていた』と、生き返る人もいるかもしれない」と再調査によるめぐみさんらの帰国に期待を寄せた。
 今回の再調査に北朝鮮側が応じた背景に関し、滋さんは「国民が『けしからん』と言って(北朝鮮に)制裁をしたことの効果がある」と指摘。「(解決まで)もう少しだと思うので、ご支援をお願いします」と協力を呼びかけた。

 日朝協議は7月1日に中国・北京で開かれる。北朝鮮側が再調査を行う特別調査委員会の組織について説明し、日本政府は独自制裁の一部解除を検討する。
何とか早く、拉致された方々の帰還を願っています。

2014年6月28日 (土)

日本の「戦後の歩みこそ歴史直視の証し」

20140628
岸田外相「戦後の歩みこそ歴史直視の証し」 安保会議、中国の批判に反論
 【ミュンヘン=宮下日出男】岸田文雄外相は1日、ドイツ南部ミュンヘンで開催中の「ミュンヘン安全保障会議」で演説し、安倍晋三首相の靖国参拝などで中韓などが批判を強めるなか、「戦後の平和国家としての歩み」が歴史を直視している証しだと述べた。また、世界の平和と繁栄に向け、民主主義などの普遍的価値を共有する欧州と協力を深める考えを強調した。
 この日の会議ではアジア情勢に関するパネルディスカッションが開かれ、中国の全国人民代表大会外事委員会の傅瑩(ふえい)主任が、首相の靖国参拝などを念頭に「われわれが最重要視しているのは、日本の指導者らによる第二次大戦時の犯罪の否定だ」と批判。背景に日本の「歴史教育の失敗」があるとした。
 これに続き、議論を総括する演説を行った岸田外相は、「われわれは歴史を直視し、反省の気持ちを表明してきた。だからこそ日本は平和国家として戦後歩んできた」と反論した。日本は「東アジアの自由、民主主義、法の支配といった価値観のチャンピオンとして、世界平和にも貢献してきた」と説明した。

 さらに、「積極的平和主義」を掲げる安倍政権の外交・安保政策についても、平和国家としての過去の日本の取り組みの「延長上にある」と強調。日本はグローバルなプレーヤーとして、民主主義などの理想を率いてきた伝統を持つ欧州と「平和で繁栄する国際社会の実現のため、協力を深化させていく」と述べた。

2014年6月23日 (月)

テキサス親父「敵を間違えてはならない…」

20140623 2014.6.21
河野洋平氏講演に、テキサス親父「敵を間違えてはならない…」
 平成5年に慰安婦に関する官房長官談話を出した河野洋平元官房長官が21日、山口市の山口市民会館で講演し、
「日韓関係を良好にするために談話を出した。日本は反省しなければならないと感じた」などと釈明した。
 隣の会場では、インターネットを通じて保守的で辛らつな批評活動を続けるテキサス親父ことトニー・マラーノ氏が「韓国人は日本人が苦しむのが好きなのさ。俺たちは敵を間違えてはいけない」と、慰安婦問題をめぐり日本批判を続ける韓国を批判した。
  直接バトルこそなかったが、両会場の参加者までも火花を散らすにらみ合いが続き、朝日新聞の報道に端を発した慰安婦問題の根深さをうかがわせた。
 ■表現の自由脅かす「慰安婦人形を持って世界中で記念写真をとろう。こうなったら徹底的に茶化してやろうぜ」
 テキサス親父ことトニー・マラーノ氏は、壁一枚隔てた隣の会場で河野洋平元官房長官が講演していることを知り、さっそく慰安婦問題に踏み込んだ。
 「俺がワシントンの国立公文書館から手に入れた米軍の報告書には『慰安婦は高級売春婦で醜いモノ』と書かれているんだ。俺が言ったんじゃない。軍がそう 言っているんだぜ!だから俺は米グランデール市の慰安婦像に紙袋をかぶせてやったのさ。日本兵もきちんと扱われていなかったんだな。ハッハッハッ…」

2014年6月13日 (金)

中国は平気で「ウソ」をつく!

20140613中国公表の映像 防衛相「(中国は)後ろめたいことがある」
 中国軍のSu27戦闘機が11日に自衛隊機に2回異常接近した問題について日本側は12日、中国の程永華駐日大使を呼び抗議した。中国側は「動画」を公開し、「自衛隊機が接近した」と主張した。
 小野寺五典(いつのり)防衛相は12日夜、防衛省で記者団に対し、中国国防省が自衛隊F15戦闘機の飛行状況を写した動画を公開したことについて「(自衛隊機が)接近した事実はない。自衛隊機への接近に後ろめたいことがあるので、自分たちで公開したのではないか」と中国を批判した。
政府高官は「全く関係のない別事案の映像だ」と指摘した。
 全く、中国は平気で「ウソ」をつく国であり、情けない国だ。

2014年6月 7日 (土)

この所、国際情勢が緊迫しています!

201406072014/06/07
米豪軍乗せた日本海自艦、ベトナム入港、3カ国結束で中国牽制。
南シナ海に臨むベトナム中部ダナンの港に6日、米軍とオーストラリア軍の隊員計約140人を乗せた海上自衛隊の輸送艦『くにさき』が入港した。
 南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島海域では中国の石油掘削作業を発端に、中国とベトナムの公船などが衝突を繰り返し緊張が高まっている。
ダナン訪問は地域の海洋安全保障に関与を強める日米豪3カ国が結束して中国を牽制する格好となった。
 活動は米軍が中心となり、アジア太平洋地域で医療活動などを行う、「パシフィック・パートナーシップ」の一環。
 自衛隊は7月15日までの予定でベトナム、カンボジア、フィリピンを訪問る。
 『くにさき』には海自の人員約150人と米軍の約130人、オーストラリア軍約10人が乗り込み、米海軍横須賀基地を5月29日に出航。
 海自当局者によると、海自輸送艦が米軍やオーストラリア軍の要員を大規模に運び、中国の動きを牽制。

2014年6月 2日 (月)

「国際法とは相いれない」!!

20140602
「国際法とは相いれない」
   中国軍に質問集中
 強硬姿勢に強い懸念 アジア安保会議
   2014.6.1 [アジア・オセアニア]

 シンガポールで1日開かれたアジア安全保障会議では、各国の有識者らから中国人民解放軍の王冠中副総参謀長に質問が集中し、東・南シナ海で強硬姿勢を強めている中国に対して各国が強い懸念や関心を抱いていることが浮き彫りになった。
 約1時間 45分にわたった分科会では王氏とロシアのアントノフ国防次官の2人が演説。これを受け質問した19人のうち14人が王氏を指名して、東・南シナ海でのトラブルなどについて見解を問いただした。
 このうちインドの出席者は、中国が南シナ海の大半を自国領と主張して地図上に独自に引いた「九段線」と呼ばれる9本の境界線について「海の上に線を引き自国領と言うのは国際法とは相いれない」と批判した。

 王氏は「南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島や西沙(英語名パラセル)諸島は2千年以上前に中国が発見し管轄下に置いた」などと述べるだけで、法律上の根拠は「時間がない」として示さなかった。(共同)

より以前の記事一覧