2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

美容・コスメ

2014年6月17日 (火)

砂糖入りより太りやすい? 低カロリー飲料?

2014060172014/06/17
 砂糖入りより太りやすい? 低カロリー飲料の落とし穴
  汗ばむ陽気で水分補給が増える時期。近年、ダイエットや肥満予防のため、低カロリーの清涼飲料水やビールなどが注目の的。先頃、米大学の調査研究で、肥満で低カロリー飲料を好む人は、砂糖入りの飲料を飲む肥満の人より、食べる量が増えると報道された。思わぬダイエットの落とし穴があった。
 【血糖値が上がらない】
 この研究は、米ジョンズ・ホプキンス大が10年にわたって集めたデータを解析したもの。低カロリー飲料を好む人は、そうでない人と比べて食べる量(カロリー)が増えたと報告された。ダイエットで低カロリー飲料を選んでも、食べる量が増えては元も子もない。
 「糖質を含む飲料を飲めば、当然早く血糖値が上昇する。上昇した血糖が脳の満腹中枢を刺激して、空腹感は薄れるが、一方、糖質を含まない低カロリー飲料を飲んでも血糖値は上がらない。肥満の人は、食欲が旺盛で早食いの方が多いので、低カロリー飲料では満腹中枢が満たされず、食事量が増えることが考えられる」
 低カロリー飲料を飲んでいると、減らしたカロリー分を食事でドカ食いという人もいるのでご用心。砂糖の入った飲料を少し飲むと、血糖値が上がるの で、その満腹感から食事の量に制限が掛かる可能性があるそうだ。ただ、低カロリー飲料に含まれる人口甘味料が、食欲にどのように影響しているかは、今後の 研究報告を待つ必要がある。