2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2013年10月 1日 (火)

NHKテレビ『救急医療の最前線』

201310012013/10/01
 NHKテレビで、救急医療の最前線を見せて貰いました。
題名は、プロフェッショナル 希望のER・魂の医師
 救急医療の最前線で、頑張っている「救急医療の医師」のドキュメント。
彼らの、医療に対する熱意が伝わる番組でした。
 やはり日本人は凄いな!と感じました。
ベテランだけでなく、その技術と熱意を継承する医師が育っている事が解り、日本はまだ大丈夫!! と言うことが解りました。
 NHKさん 良い放送を有り難う!

2013年9月24日 (火)

TVドラマ「半沢直樹」終了

20130924 2013/09/24
 「半沢直樹」終了
「倍返しだ」で高視聴率となったTBS系ドラマ「半沢直樹」が22日に最終回となりました。
 お芝居は、大物俳優が出る一方、大阪の歌舞伎役者「愛之助」が、お姉言葉での出演など、上手い歌舞伎役者「片岡愛之助」など、豪華な配役で、上手く物語を作ってありました。
 原作が良く、俳優も楽しんだ、今回のドラマは、近年にない面白いドラマでした。
又面白いお話を期待します。

2013年9月23日 (月)

視聴率40%超「半沢直樹」(最終回)

20130923 視聴率40%超「半沢直樹」(最終回)
 「倍返しだ!!」のセリフが、すっかりお茶の間に浸透したテレビドラマ「半沢直樹」(毎日放送系日曜午後9時)がいよいよ22日、最終回となった。
 最後まで、面白い展開が進み、個性派俳優や、銀行という舞台での「勧善懲悪」と言った仕掛けが「ズバリ」と当たったドラマでした。
 テレビ離れが進み、“ドラマ受難”といわれる時代に、なぜ視聴率40パーセントを超えるこの人気ドラマは生まれたのか。
 その大きな理由の一つに、金融業界の裏舞台を垣間見るようなリアルな情景描写、そこに投げ込まれたかのような臨場感あふれる心理描写が挙げられるだろう。
 それもそのはず。原作者は元大手バンカー。フィクションと思われがちな経済ドラマの随所に、実体験が散りばめられているとか。
 やはり、『勧善懲悪』的な筋立ては、見た後のスッキリ感があり、気分良く見られるのが良いですね。

2013年9月 3日 (火)

「半沢直樹」中国でも人気!!

20130903「半沢直樹」中国でも人気!
2013/08/19
 放送開始以来、徐々に視聴率を上げるTBS日曜劇場『半沢直樹』
メガバンク銀行員を主人公にした同ドラマは、前半のクライマックスを迎える8月12日放送の第5話で視聴率29%をマークするなど、もはや『半沢直樹現象』ともいえる状況を巻き起こしている。

 この人気は、日本国内ばかりではなく、中国大陸にも飛び火している。
かの国では日本の人気ドラマのほとんどがインターネットの動画サイトにアップされており、中国語字幕つきで無料で見ることができるのだ。
 視聴手段はさておき、『半沢直樹』は中国人からも注目されている。
物語が進むたびに多くのニュースサイトが報じ、主人公の決めゼリフ「やられたらやり返す、倍返しだ!!」は、中国語で「人若犯我、必然加倍奉還」などと訳され、現地でも広まりつつあるという。

半沢直樹のドラマは、中国でも反響を呼んでいる。
日本が、中国や韓国に「いちゃもん」を付けられたら、倍返しでやってやれば良いのだ!

2013年8月30日 (金)

半沢直樹」(TVドラマ)東京決戦!

201308302013/08/30
 8月が終わりかけると、急に季節が秋モードに変わってきました。
2013/08/30
ここ数日は、空が高く、秋の気配を感じます。
 そろそろ、秋が近づいて来ているのかもしれません。
秋になれば、美味しい食べ物が出始めますが、大阪の天神橋筋あたりを歩いても、それほど「秋」を感じさせる野菜や果物に出会いません。
 最近は、少し早めに野菜や果物が出回るので、「旬」という感覚が薄れているのかもしれません。
 しかし、季節は、ゆっくりとですが、着実に変わってきています。
これからは、美味しい食べ物が出回るので、嬉しいですね。

2013年8月27日 (火)

半沢直樹」(TVドラマ)

20130827TVドラマ”半沢直樹”
 関西地区の平均視聴率が昨日は32,8%だったそうです。
関西では夕方に関西テレビで報道番組があり「半沢直樹では・・」とドラマの話を例に出して説明していました。
 今や、社会現象ですね。
 毎週どきどきします。
鶴瓶さんが、毎週「雨の中で泣いているシーンが出ますが、ツルべーさんも、毎回雨の中での熱演、ご苦労様です。
 いよいよ「東京編」これからの話が楽しみです。

2013年8月26日 (月)

日曜劇場「半沢直樹」(TVドラマ)

201308262013/08/26
日曜劇場「半沢直樹」
 最近は、堺雅人さん主演の「半沢直樹」というTVドラマにはまっている。
今夜は、いよいよ、東京本店内での戦いが始まって来た。
なかなか、目の離せないドラマである。
 台詞も、色々と「決めぜりふ」があり、久々に面白いドラマである。
我々が普段分からない『銀行内の話』が、色々と出て来て面白い。
 出てくる俳優も、「癖のある」俳優」が多く、ちゃちな感じがしないのが良い。
暫くはこの番組で楽しめそうである。
 次回が楽しみだ!

2013年8月12日 (月)

『半沢直樹』の副支店長はかなりリアル

20130812上司の顔色ばかり伺う『半沢直樹』の副支店長はかなりリアル
  配信元:NEWSポストセブン
2013/08/11
記事本文
リアルな銀行の内幕を描いて人気のドラマ『半沢直樹』(TBS系)。劇中では石丸幹二(47才)演じる支店長が、不正工作をやりたい放題だが、現実もかなりこれに近いのだとか。30代のメガバンク中堅行員がこう語る。

 「支店長になれば、専属の車がつくなど、待遇がまったく違います。それに、支店の現場では支店長の権限がすべてです。しかも、支店長の評価が、そのまま人事考査に直結するので、ヘタに機嫌を損ねたら一貫の終わり。
 だから、部下は絶対服従の“イエスマン”になるんです。支店長へお中元、お歳暮などつけ届けを普通にやっている部下もいます。ドラマで宮川一朗太さん(47才)が演じる副支店長は本当にリアルですね。副支店長は実際にあんな感じで、支店長の顔色ばっかり窺う人間になりがちなんです」

 逆らえないのをいいことに、上司が気に入らない部下に嫌がらせをするのも日常茶飯事だという。
 「若いころは“お前は使えない”と多くの同僚がいる前で平気で言われたし、何時間も立たされて説教されたこともあります。今は“ゆとり教育をうけた連中は使えねえなぁ~”というのが決まり文句です」(前出・30代中堅行員)

 さらに大手金融機関を渡り歩いた経歴を持つ経済評論家の山崎元さんがこう話す。
「銀行はお金を扱うので、組織としてだけでなく、個人への監査や査察も非常に厳しい。メガバンクになると、支店に社員食堂がついているんです。それは、社内で昼食を食べさせることで、外部との不用意な接触や情報漏洩を防ぐ目的があるわけです。

 それから銀行員は“休みはまとめて取れ”と言われますが、その休みの間に何か不正はないかと身辺を調べられる。もはや“相互監視”の世界なんですよ」

 それゆえ銀行マンは、帰宅する際には、机の上は全て片付け、引き出しにはすべて鍵をかけるというから、息がつまりそうだ。

銀行マンは大変ですね。倍返しの言葉が出る訳だ!

2013年7月30日 (火)

NHK:相模湾の海底に潜む巨大生物【深海ザメ】

20130730
2013年7月28日(日)午後9時00分~9時58分放送の二回目
NHK:相模湾の海底に潜む巨大生物

 第2回は、深海ザメ。
 富士山の麓に広がる駿河湾・相模湾には、岸から一気に落ち込む世界有数の深い峡谷が沈んでいる。この深海大峡谷は、これまで深海ザメが数多く発見され、世界的にも珍しい「深海ザメ王国」となっている。番組では、4年の歳月をかけ、深海ザメ王国に分け入り、貴重な深海ザメの撮影に挑んだ。
伝説の大海ヘビのモデル・ラブカ、アゴが飛び出し顔がひょう変する悪魔のサメ・ミツクリザメ。なかでも極め付きは、わずか37年前に発見されたメガマウスザメだ。体長なんと5メートル、大きな口をもつユニークな姿だが、こんな巨大生物がこれまで見つかっていなかったことから、シーラカンス以来の大発見と騒がれた。これまで世界で50例ほどしか見つかっていないメガマウスが富士山のふもとにあるこの「王国」で、近年相次いで発見が続いている。
メガマウスは何を求めてやってくるのか?深海数百メートルに住む特産のサクラエビを狙って日本沿岸に接近するのではないかと推測。地元の漁師や研究者の協力を得て、情報を蓄積。ついに世界初の貴重な姿を水中で捉えることに成功。
メガマウスをはじめ、知られざる深海ザメたちの生態の数々に迫り、未知なる深海の世界を紹介する

 今回の映像は、日本は富士山の麓にある「駿河湾」
ここに、繰り広げられる世界は何とも神秘な世界でした。
さすが「NHK」、素晴らしい映像でした。
 日本近海にこんな世界が広がっているとは、海の底は神秘の世界ですね。

2013年7月28日 (日)

太平洋の深海に生息する『大王イカ』

20130728_2
NHK-TVの素晴らしい映像でした。
太平洋の深海に生息する『大王イカ』
この世の中には、まだまだ、素晴らしい生命が生きているのですね。
冒険小説に出てくるような『深海の大イカ』
こんなに大きな生き物が、深海に生きているのですね。
地球には、まだまだ数々の神秘な生き物が生きていることが分かりました。
宇宙だけでなく、地球にはまだまだ分からないことが沢山ありますね!
長生きはする物です。
00

より以前の記事一覧