2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2013年11月 5日 (火)

日本製スイーツが海外注目されている。

20131104 2013.11.5
日本では、ジュースや食材の「虚偽材料」が問題となっているが、海外では、日本製スイーツが海外注目を集めている。
 見た目の美しさに加え、繊細、ヘルシー、伝統や四季など日本へのあこがれが凝縮されているという。
 日本人特有の感性と手先の器用さが生み出す日本製スイーツの世界が、海外から注目を集めている。和菓子は見た目の美しさに加え、油脂や牛乳を使わない味付けが世界のヘルシー志向にマッチ。一方、洋菓子の技術も世界トップレベルにある。政府もクール・ジャパン戦略の柱の一つにスイーツを位置づけ、海外への普及を後押ししている。

 海外に日本の文化を紹介する「国際交流基金」では最近、海外事務所から和菓子紹介のイベント開催依頼が増えた。文化事業部企画調整チーム長の大内桃子さんは「和菓子には繊細さやヘルシーさ、日本の伝統や四季…。海外から見た日本へのあこがれが凝縮されているようです」とその理由を説明する。海外のイベントでは、和菓子を見て「本当に食べ物?」と驚かれることも少なくないという。
 20年前から海外に進出しているのが老舗の和菓子店「宗家 源 吉兆庵」だ。平成5年8月にシンガポールに海外1号店を出店。現在は7カ国・地域に21店舗を展開し、海外での売り上げも伸びているという。

2013年10月27日 (日)

豆苗の芽が出ました!

201310272013/10/27
 豆苗で遊ぶ
先日、豆苗を近所のスーパーで購入。
 この豆苗のパッケージに、豆苗の残った根と豆を、水に浸しておくと、新しい芽が出てくる、と言う「豆苗だけのおまけの楽しみ方」という付録が付いていました。
 これは、切り取った豆苗の根を、水に浸しておくと、新しめが出て来て、これを育てると、もう一度食べられる。とのこと。

 実際に、水槽に豆苗の根を水に浸しておくと、又芽が出てきました。
何度も出来るのかどうかは判りませんが、一応、又芽が出て来ました。
肥料を入れれば、暫く豆苗が食べられるかも知れません。
 ご用とお急ぎでない方は、一度試すと面白いかも!? 

2013年7月16日 (火)

土用の丑の日『鰻!』

20130716本日は『土用の丑の日』と言うことで、家の近所の、鰻の有名店に行ったのですが、11時頃には、すでに予約が一杯で、食べられませんでした。
 このお店は、大阪都島区の『魚伊』という店で、この界隈では有名な店です。
こんな混雑する日でなく、平日であれば、予約を入れ無くても食べられるのですが、つい、鰻が食べたくなって、本店に出かけました。
 予想通り、店は行列になっていて、雨も降り出したので、今回は鰻をあきらめました。

現役の頃、大阪支社に勤めていた頃に、地下鉄の淀屋橋駅の近くにある「魚伊」で、一寸おごった昼食の時に、「魚伊」で昼ご飯を食べたこともありました。
320x320_
 今はほとんど行かないので、まだあるかどうか??
 しかし、この「魚伊」の鰻は美味しいですよ。
このレポートを書いていたら食べたくなりました。
今度、空いているときにでも行こうかな!

2013年7月11日 (木)

ノンアルコール ビールは旨いか??

20130711
2013/07/11
 ここの所、熱帯の気候になっている。昼間の温度が34〜35℃、更に、日本の気候は湿度が高いので、べたべたと纏わり付くような暑さである。
 所で、最近のノンアルコールビールも「美味しくなった」という話を聞いて、ノンアルコールビールを飲んでみたが、やはり、『ノンアルコールビール』は旨くなかった。
アルコールという物は凄い物だと、改めて感じた次第。
 しかし、真夏で汗をかいた後のビールは最高ですね。
私のように、アルコールに弱い物でも適度に飲めるし、夏の、冷えたビールは最高ですね。
 ひょっとすると、ビールは最高の飲み物かもしれません。

2013年7月 4日 (木)

炊飯器で作るケーキ

20130704本日は、午後になって、強い風とそれに伴う大雨が降りました。
今回の雨は、熱帯地方の雨のように、急に雲が成長し、土砂降りの雨となる状態でした。
 久しぶりに、家でケーキを作りました。
このケーキは、家にある「炊飯器」を使って作るやり方です。
 参考に、作り方を書いておきます。

1.準備する物
 ・HotCake mixの粉:200g
 ・卵1個
 ・牛乳 140 cc
 ・ドライフルーツ(適量)

2.卵1個と牛乳 140 cc をよく混ぜる
  混ぜるときに、泡立て器を使ってよく混ぜておく。
3.炊飯器に、卵と牛乳を泡立てたものにドライフルーツを混ぜて入れる。
4.炊飯器のスイッチをいれて、炊く。
5.炊きあがったら 出来あがり。

 円盤状に出来あがるので、ひっくり返して、適当に切り分ける。
意外とサッパリとしたケーキが抱きます。
おやつに丁度良いですよ。
Photo

2013年6月22日 (土)

庶民的な商店街 天神橋筋商店街

20130622庶民的な商店街 天神橋筋商店街
   扇町駅1分、天満駅3分 【美食同源 ながもんや】
 安く打て美味しいという評判の店に行ってきました。

「ながもん」とは、「ながいもの」が訛ったもので、この名の通りメニューにはウナギやあなごなど「ながもん」がたくさん用意されています。名物『あなごのひつまぶし』は、大人気メニュー。また『あなごのなが~い棒寿司』も人気の一品。2~3名様でいただくことができる上、テイクアウトも可能なので手土産にもおすすめです。お酒も各種充実。紫の赤兎馬などのレアなお酒も。また、落ち着いた雰囲気の店内は、カウンターや完全個室の座敷席も用意しています。掘りごたつになっているのでゆっくりとくつろぐことが可能です。

昼時前に入ったので、50円引きでした。
さすが大阪商人、細かいサービスですね。
 味の方もそこそこで、『また行こか!』 という感じにさせる店でした!!

2013年4月 4日 (木)

青魚、赤魚、赤身、白身とは?

2013aple03 青魚、赤魚、赤身、白身… 「色」の違い?「味」の違い?
     2013/03/22

 日本は豊かな海に囲まれた世界有数の魚食大国です。川魚から海魚まで、多種多様の魚貝類を食します。俗に言う「青魚」「赤魚」や「赤身」「白身」は、外観や肉質の色によるもので、魚類上の区分ではありません。
 米・魚を中心とする日本人の食生活は、肉食が増え変化してきていますが、現在でも、動物性タンパク質の中では魚貝類を最も多く摂取しています。
 品目別の1人当たり年間消費量は、魚貝類 51.5㎏、豚肉 18.9㎏、鶏肉 16.1㎏、牛肉 9.6㎏となってます
 (農林水産省「食料需給表」平成 23年概算値)。

 近年は、魚のタンパク源だけでは無く、DHA・EPA・カルシウム・タウリンなどの成分が、生活習慣病の予防につながることから、魚食が見直されています。一般的に、魚は名称だけではなく、「青魚」「赤身魚」「白身魚」などと呼ぶことも多いと思います。魚の色の分類を整理してみましょう。

■外観による分類
【青魚】イワシ、サバ、アジ、サンマ など… 背中が青または黒っぽく、腹側が白い魚(この模様は海の表層近くを泳ぐ魚の保護色といわれる)。比較的小型で、大量に漁獲される大衆魚を指す場合があります。青魚には、DHA・EPAと呼ばれる不飽和脂肪酸が豊富に含まれます。寿司店で使われる専門用語で「光もの」と呼ばれる魚があります。これは、皮の光った青魚(コハダ、サバ、アジなど)を指します。
【赤魚】アコウダイ、メヌケ 、キンメダイ、キンキなど… 赤魚は流通用語として使われ、体色が鮮紅色の深海魚で、比較的大型。身が淡白で上品な味が特徴です。

■肉質の色による分類
 生物の筋肉は、使われるほど酸素を必要とします。酸素は赤い血色素タンパク(ヘモグロビン)によって筋肉中の赤い色素タンパク(ミオグロビン)に運ばれ、この含有量で肉質の色(赤身・白身)は決まります。

【赤身魚】マグロ、カツオ、ブり、カンパチ、サバ、イワシ など…
 広大な海水域を泳ぎ回っている、遠洋・近海回遊魚が多い。回遊魚は常に速いスピードで泳いでいるので、長時間活発に動かせる筋肉が必要です。ミオグロビンは、筋肉を動かすための燃料となる酸素を貯蔵してくれます。また酸素を運搬する働きのある血液中の色素タンパク質「ヘモグロビン」も豊富に含まれています。この二つの色素タンパク質を多く含む筋肉赤色筋が多いので身が赤い色になるのです。鉄分や脂肪分が比較的多く、味が濃厚であるものが多いのが特徴です。

【白身魚】 カレイ、タラ、スズキ、ヒラメ、タイ、サケなど…
 生まれた海域からほとんど動くことなく、底層や淡水などに生息する魚が多い。獲物を捕える時のみ瞬時的に白色筋(速筋)という筋肉を使います。この筋肉を動かすのに燃料として酸素を使わないため、ミオグロビンはほとんどありません。これにより、身は白っぽくなります。ちなみにサケの身の赤い色素は、エビやカニにも含まれる「アスタキサンチン」というカロテノイド系(黄‐赤色系)の色素によるもので、赤身魚とは別物になり、白身魚に分類されます。白身魚の特徴は、血合いの肉はほとんどなくあっさりとした淡白な味で、低脂肪であるということ。また、身が柔らかく消化にも良いので、病人食や離乳食に適しています。

    

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

青魚、赤魚、赤身魚、白身魚、それぞれに栄養上の特徴があり、いろいろな種類の魚をバランス良く食べれば、美味しく健康的な食事が摂れることになるでしょう。

2013年4月 1日 (月)

沖縄の果汁『シークヮーサー』

201304011
 沖縄の果汁『シークヮーサー』
 この『シークヮーサー』は、ちょとした味付けに使える調味料の様です。
 ウィキペディアに拠れば、
 『琉球諸島及び台湾に自生する。高さは5mほど。花期は4月。直径3cmほどの白い花を咲かせる。結果は7月頃から。通常は、皮が緑色の時期に青切りで収穫する。 中の果実は小さくて丸く、皮が薄いので、小さな黄色の温州ミカンといった姿をしている。およそ25g〜60g。 未熟な果実の皮は濃い緑色をしているが、熟すにつれ徐々に黄色く色づく。 味はとても酸味が多く糖分が少ない。熟したものをクガニーと呼ぶ場合があるが、厳密にはシークヮーサーとクガニは種類が違う。 ガン抑制などの効能がメディアで取り上げられ、注目を浴びた。』
Seaquasa
一時期の流行の後、沖縄県外での栽培なども増え、ブーム終焉もしている。
 と言う物の様です。
 たまたま、この『シークヮーサー』を戴いたので、調味料として使って見ようと思います。
 この手の、柑橘系の調味料は、爽やかさが有り、これから始まる夏の時期には相性の良い調味料です。
 南海の島々での調味料としては、相性の良い調味料のようです。